不妊治療 タイミング法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

たった10分で理解するタイミング法

 

管理人は自然にはなかなか妊娠できなかったので、最も基本的で、お金の負担も比較的小さい不妊治療法のひとつであるタイミング法で、第1子を出産しました。

 

簡単に説明すると、女性の排卵日に合わせてセックスをして妊娠させる方法です。

 

ご自分でタイミングをとる方もおられますが、管理人は医師が最も妊娠しやすい日を予想してくれて そのタイミング日を指定してくれるのを選択しました。

 

まあ、治療という感じではなかったですが・・・・。

 

 タイミング法をとる前に
ただ、この方法に関しては 卵子・精子ともに異常がなく健康で、卵管や子宮にも全く問題がないのが大前提になりますので、婦人病検診・旦那さまの精子の検査を受けてからということになります。

 

なので、精子や卵子に問題がある場合や、卵管や子宮に何か問題がある時は、また別の不妊治療方法を選択しなければなりません。

 

 

 気になるタイミング法の妊娠確率
気になるタイミング法の成功率は医師の話によると30代前半の女性で12〜13%程度で、理論的には8回までには妊娠できるということになるのですが・・・。

 

 

 

管理人体験談

管理人の場合は第一子(女の子)を5回目のタイミング法で妊娠して出産までに至りました。

 

年齢的にもあせっていたのでタイミング法に切り替えてよかったと思っています。

 

 

排卵日予想の精度を上げる超音波検査

 

排卵日を予想する時に、基礎体温表を隈なく分析しますが、たった1日しか生きられない卵子の排卵日を高精度で知るために、経膣超音波検査も行います。

 

経膣超音波検査とは
卵胞の大きさ(直径)を調べる検査です。

 

主席卵胞は成長して直径20ミリ程度になると破裂して卵子を放出するので、卵胞の大きさを調べていくことで排卵日を特定しようとする手法です。

 

 
 

不妊関連ページ

 

患者からみた不妊治療する時の良いクリニックの選び方のコツをご紹介しています。
不妊治療する時の病院の選び方

 
このエントリーをはてなブックマークに追加