太り過ぎ 肥満も不妊の原因

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肥満・太りすぎは妊娠力が落ちる

 

肥満、太りすぎも不妊の原因のひとつと言われています
肥満 画像

 

体重が多すぎても、月経サイクルが乱れ、排卵を狂わせます。

 

肥満は自然妊娠率を低くし、妊娠中に高血圧や糖尿病を患うリスクが高まり、流産だけでなく、帝王切開のリスクも高くなります。

 

女性だけでなく、太りすぎの男性も精子の数が少なく、生殖能力も低くなります。

 

また、自分だけではなく子どもにまで悪影響が出ることもわかっています。

 

どうやら・・・
肥満・太り過ぎは妊娠にとって何ひとつ良いことはなさそうです。

 

妊娠力が上がる最適ゾーンとは?

 

太り過ぎの場合は、ある程度痩せなければいけないわけですが・・・。

 

どれくらい痩せたら良いのでしょうか?

 

 

一般的には、BMIが20〜24が妊娠最適ゾーン
BMI22が妊娠のベスト体重と言われています。

 

BMI24以上の方が肥満ということになります。

 

 

 

一般的に使用されているBMIで計算します。
BMI (BODY MASS INDEXの略)

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

 

最新のデータではBMI値22.0が理想の妊娠体重だとされています。
(身長ごとにBMI22の体重を算出)

 

身長(cm)

BMI22 体重

BMI24 体重

150〜151

49〜50

54〜55

152〜153

50〜51

56〜57

154〜155

52

57〜58

156〜157

53〜54

58〜59

158〜159

54〜55

60〜61

160〜161

56〜57

61〜62

162〜163

57〜58

63〜64

164〜165

59

65

 

太り過ぎというのはBMI24以上の方です。

 

 

また、概算値ではなく、正確なBMI値を知りたいという方に身長、体重を入力するだけで自動的に正確なBMIを算出するページをご用意しています。 

 

正確なBMI値を知る

 

 

しかし、あなたの体重が妊娠最適ゾーンを外れていたとしても気に病む必要はありませんが、その最適ゾーンに近づけていく努力は必要です。

 

体重の少しの改善で、排卵が改善されたり、妊娠確率が上がったりすることが多いです。

 

とりあえず7.5%の減量を!

 

ということは?
もし、あなたの体重が理想とかけ離れていたとして、少しの減量(現体重の5〜10%)を達成したとします。

 

それで、たとえBMIが妊娠最適ゾーン(BMI20〜24)になくても排卵が改善されることが多くの研究でわかっています。

 

このサイトでは、中間を採用して7.5%を減量目標とします。

 

70キロの人は5キロ、90キロの人は7キロ、それぞれ減量すればよいのです。

 

妊活中のダイエットメニュー

 

痩せるためには、食事のメニューを気を遣わないと駄目なわけです。

 

しかし、ただやせるだけではなく、妊娠の確率を上げるために、植物性タンパク質と全粒粉穀物、不飽和脂肪酸を多く摂り、同時に精製された炭水化物や飽和脂肪酸、トランス脂肪酸を控え、さらに無調整の牛乳か、乳製品を摂ってください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加