クラミジア(自覚症状なし)は不妊症(原因)のはじまり

このエントリーをはてなブックマークに追加   

クラミジア(自覚症状なし)は不妊症(原因)のはじまり

 

クラミジア感染症は、女性の性感染症の中でも最も多い性感染症で約50%を占めます。


 

感染経路は主にセックスですが、眼にも感染したり、オーラルセックス・フェラチオでのどに感染してしまう方もいます。

 

お薬で簡単に治るので命に関わるほどの怖い感染症ではありませんが、妊活中の女性にとっては、怖い感染症なんですね。

 

クラミジアの後遺症が不妊症の原因に

クラミジア感染症が、治った後の後遺症があり、子宮外妊娠、不妊症の原因になる場合があるのでやっかいです。

 

クラミジア感染症を放っておくと、卵管が変形したり、詰まったりして受精できなくなり、子どもができなく可能性があるんです。

 

なぜ放っておくのかというと、この感染症は困ったことにほとんどの人が「自覚症状が無かった」と訴えていることから発覚しにくい感染症なのです。

 

つまり、知らないうちに感染しているので、治療が大幅に遅れてしまって、結果的に不妊症になってしまったという例が沢山あるということです。

 

 

 

女性側の不妊原因で最も多いのが卵管のトラブルなんですが、そのうちの80%がクラミジア感染とする説もあります。

 

その為に、女性の不妊原因で最も多いのはクラミジア感染症という解釈も出来る訳です。

 
 

クラミジア感染症の症状はどんな感じ?

 

この感染症の特徴は、男女とも、症状としては軽いものが多く、仮に感染したとしても、女性の場合は約8割、男性の場合は約5割の人は症状がほとんど出ないか、無症状です。

 

女性の場合の症状
普段よりもおりものの量が増えたり、臭いが若干強めになる程度。

 

男性の場合の症状
膿のような分泌物が出たり、おしっこをする時に痛みを感じたりします。

 

クラミジアの予防法
クラミジアに限った話ではありませんが、性感染症を食い止めるにはセックスする前にコンドームを装着するのが有効ですが、もちろん挿入前からつけないと意味がありません。

 

また、女性の場合は、不特定多数の男性と性交渉をしないという事と、定期的に検査するくらいしか予防法がありません。

 

検査と治療方法

 

クラミジア感染症の検査
血液検査

 

女性は、子宮頸管を綿棒でこすって分泌物を採取してチェックし、男性は出始めの尿をとってチェックします。

 

また、血液検査によってクラミジアの抗体を持っているかどうかの抗体検査もあります。

 

そして、菌が見つかった場合の治療は飲み薬によって行います。

 

ふたりで治療しないと意味が無い

ここで重要なポイントは、夫婦揃って検査をすることで、どちらかに菌が見つかった場合はおふたりで薬を飲んで同時に治療してもらう事です。

 

夫婦で性生活を送っていれば、二人とも感染している可能性が大と考えるのが自然だからですね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加