卵子の質が悪い原因

このエントリーをはてなブックマークに追加   

卵子の質が悪い原因とその理由

 

卵子の質が悪くなる最大の原因は 「卵子の老化」

卵子

 

卵子について勘違いされている女性がいるのですが、どうやら排卵の時に毎月新しい卵子が作られていると思い込んでいるのですね。

 

それは、卵子じゃなく精子のことなんですね。

 

実は、卵子というのは、胎児のときから作られた時の卵子の数がMAXなんです。(個人差はありますが、約700万個)

 

そして、その後新たに作られる事は全くありません。

 

つまり、女の子として生まれてきた時に卵子の数(約200万個)はすでに決定していることになるんです。

 

減っていく運命の卵子

そして初経を迎える思春期の頃には約40万個と、どんどん減っていくわけなんですが、40万個もあるからまだまだ大丈夫!というわけではありません。

 

妊娠に向けて排卵が始まると卵子は1日に約30個、1か月にすると約1000個づつ減っていきます。

 

年齢とともに、卵子の数が減っていくのですが、37歳前後でその減少のスピードが一気にあがってその後すぐに閉経を迎えるというわけですね。

 

卵子の染色体異常

そして、卵子の数が減るだけでなく、卵子も肉体と同じように年をとります。

 

卵子の老化が進むと染色体異常の卵子がだんだん増えていくのです。

 

染色体異常の卵子ですと、妊娠率が大幅にダウンし、仮に妊娠できたとしても流産の可能性が高いのです。

 

(40歳の流産の確率は約40%、45歳の流産の確率は約50%)

 

高齢(37歳以上)であったり、20代であっても卵子の質が悪いと妊娠までに時間がかかったり、妊娠しづらい原因になります。

 
 

他に卵子の質が悪い理由

妊活 タバコ

 

特に注意してほしいのがタバコです。
(タバコを吸わない方は読み飛ばしてもらって結構です)

 

タバコの有害物質は、いったん体内に入ると分解されにくく、体外へ排出されにくい特徴があり、たとえ妊娠前に入ったものでも妊娠中に血液や羊水を介して胎児に送られ、出産後も母乳によって赤ちゃんの体に入ってしまいます。

 

よって、タバコを吸う習慣のあるご夫婦は、子どもが欲しいと思ったその瞬間から揃ってタバコを止めるというのが賢明だと思います。

 

管理人もこれらを知ってた後にすぐに禁煙しました。 (だんなさまは渋々でしたが・・・)

 

 

 

 その他に卵子の質が悪い理由

  • 冷え性のために体温が低い
  • 黄体機能不全

 

※ 黄体不全とは?
排卵後、卵巣の中に「黄体」という組織ができます。

 

黄体は子宮に向けて黄体ホルモンを分泌し、子宮内膜を厚くする等の妊娠の準備を促します。

 

この黄体の働きで妊娠しやすいカラダができるのですが、この機能がうまく働かないことを黄体機能不全と呼んでいます。

 
 

最終的に体内に残っている卵子を大事にするしか方法がない

 

残っている大切な卵子の質を高めるために、どのような方法があるのか妊活中の私たちは悩んでいます。

 

しかし、卵巣に残っている卵子の数自体を増やすことは無理ですし、卵子の老化をストップさせる事もできません。

 

また染色体異常のある卵子を、正常な形の卵子に戻す事も無理なのです。

 

 




プレグルES‐46はこちらから

現在、老化した卵子をよみがらせて妊娠率をアップさせる 「生殖細胞ミトコンドリア治療」 が関心を集めています。 妊活中の女性の願いを叶えるため、普及してくれたらと思います。

 

 

 卵子の質を上げるの意味
今残っている質の悪い卵子の数・質を改善する事ではなく、私たちの卵巣に残されている正常で健康な卵子を大事にするということになるのです。

 

卵子も加齢によって数が減っていくものならば、今残っている卵子を大事に育てることがポイントになります。

 

質の高い卵子を育てる方法はこちら

 
このエントリーをはてなブックマークに追加