妊娠中の抜歯

このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊娠中に麻酔をかけての抜歯は大丈夫なの?

 

このページの記事は、管理人の実体験をもとに書かれています。

 

虫歯を痛がる女性

 

これは管理人の怠慢だと言えることなんですが、前から虫歯があったのは自覚していたんですけど大したこと無いと思って治療もせず放置したままだったんですね。

 

でも、その歯が運悪く妊娠中に悪化して、歯医者で麻酔をかけて抜歯をすることになりました。

 

妊娠5か月だったので麻酔の影響が心配だったのですが、医師に聞くと、歯医者で一般的に使用されるのは、口の中だけの感覚を麻痺させる局所麻酔で、なおかつ麻酔薬も微量なので、赤ちゃんに影響することはまずありませんよとの事。

 

そうおっしゃって下さったのでひと安心でした。

 

また、管理人の場合は自ら妊婦ですと申し出ましたが、仮に、妊娠中であることを告げなくても、妊娠適齢期の女性に対しては、妊娠の可能性を考えて治療するのが歯科医の常識なんだそうです。

 

でも、なるべく妊活中に歯の治療を終えた方がいいなと感じました。

 

そうすれば、このような不安を抱えることもなかったのに・・・と思ったんですね。

 

歯医者さんの本音を聞いてみました

 

管理人の知り合いに女性の歯医者さんがいるのですが、妊娠中の歯の治療についての本音を聞いてみました。

 

歯医者さんの本音・・・

 

 

「できれば妊娠中の女性は治療したくない」 そうです。

 

 

 その理由とは?
特別に一般的な患者さんと比べてリスクがすこぶる高いという事では無いのですが、妊婦さんだからと言って特別報酬が頂けるわけでもありませんし、何かトラブルが起きた時に、裁判沙汰にでもなったら大変!という事らしいのです。

 

 

医師が使うクスリには、“妊婦に対する安全性は確認されていないので使用に際しては細心の注意を” というような責任逃れ的な説明文が書かれてあり、かといって麻酔なしで治療すれば、強い痛みを我慢することで、それこそ胎児に何か問題でも起きれば重要問題に発展しかねません。

 

また、薬を出さなかったら、投薬もしないので無茶苦茶患部が腫れてしまった・・・などの苦情の元になってしまう・・・・。

 

そういう理由でできれば係わりたくないのが「妊婦」、全ての歯医者の共通した意思のようですね。

 

そういうことなので、歯の治療関係はなるべく妊活する前に済ませておくべきでしょう。

 

 

※しかし、実際の現場では 妊娠4〜8か月の安定期に入った妊婦さんなら、一般の患者さんと変わらない治療を施しているみたいですね。

 

以上 歯医者さんの本音と建て前でした。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加