妊活に関するQ&A

このエントリーをはてなブックマークに追加   

QA

 

管理人は妊活をしているとさまざまな疑問にぶちあたりました。

 

疑問を持つ女性 画像

 

「これって大丈夫なのかな?」

 

その疑問を解決するためにさまざまな書籍などで調べまくりました。

 

その結果を掲載しています。 参考になれば幸いです。

 
 

 某工場で立ち仕事をしているのですが、流産しやすい?

 

 

 

12週未満の流産のほとんどがは、母体ではなく、受精卵自体に問題があって起こるものです。
12〜22週未満の場合は、女性の子宮・卵巣の異常、カップルの免疫異常、習慣性流産など、母体が問題の場合もあります。
流産の外的な要因としては、おなかに強い衝撃を受ける、体の冷え、激しく転倒、といったことも考えられます。

 

立ち仕事が原因であることはまずないでしょう。
ですが、妊娠中長時間立っていたり、急に立ち上がったり、重いものを持ったりするのは控えましょう。

 

 

 

 

 環境ホルモンは、妊娠に影響がありますか?

 

 

現在、私たちは環境ホルモンの中で生活しています。
環境ホルモンとは、外因性内分泌攪乱物質または外因性内分泌攪乱化学物質と呼ばれ、その原因となっているのは、化学物質です。
殺菌剤・防腐剤・殺虫剤・農薬・ダイオキシン・食物添加物など、数十種類の化学物質があり、これを総称して環境ホルモンと言います。

 

妊娠2〜3ヶ月の間は、胎児の臓器や器官が作られる大切な時期なので、できるだけ環境ホルモンを摂取しないように努めなければいけません。
精子の減少や母乳汚染なども引き起こすと言われていますが、現状は、まだ詳しく解明されていません。

 

 

 

 

 

 3

 

毎日使っているパソコンや携帯電話、電子レンジ、IHクッキングヒーターなど。電磁波は大丈夫ですか?

 

 

いろんな説がありますが、電磁波は環境問題としてはまだ新しいので、電磁波の影響を受けて不妊につながる、と言う医学的根拠はありません。
とは言え、電磁波が強いと言われる携帯電話やパソコン、IHクッキングヒーターなどは、日常的に使用する頻度も高く、胎児に影響がないとは言い切れません。
できるだけお腹から離れて使用したり、長時間の使用を控えたり、工夫をしましょう。

 

 

 4

 

一般の女性の月経周期は28日〜30日と言われています。個人差もありますが、それより早い期間で月経がある場合や、その期間をだいぶ過ぎても月経がない場合は、何らかの原因があるかもしれません。
主な原因として、無理なダイエットやストレスの他、排卵障害、高プロラクチン血症等ホルモンバランスの異常や、多嚢胞性卵巣症候群などを考えなければなりません。
いずれにしても、原因究明のために一度病院へ行くといいですね。

 

 

 5

 

夫がお酒を飲み過ぎてしまう 妊娠に影響はありますか?

 

 

ある程度の飲酒は、アルコールが入ることで性的欲求が増加するのでOKですが、過度の飲酒は、肝機能に異常をきたしたり、、精子が作られなくなってしまうので控えましょう。

 

 

 6
どれくらい子供ができなければ受診すべきですか?

 

一般的に、子供を望んで2年以内に授からなかった場合は、不妊という事になります。
そこから、検査や治療を始めるので、早めの受診に越したことはありません。
30代後半になると妊娠率もぐっと下がるため、半年くらいでできなければ、その時点で受診してみてもいいでしょう。

 

 

 7
不妊治療をして、妊娠できる確率はどれくらい?

 

 

一般的な不妊治療(人工授精までで)で、妊娠した割合
1年以内…約30%
2年以内…約50%

 

体外受精…1回につき約17%

 

もちろん、高年齢になるほど、確率は下がって行きます・・・。

 

 

 8
不妊治療はいくらくらいかかるの?

 

 

一般の検査(タイミング法)
施設や受ける検査などにより違いがありますが、タイミング法は健康保険適用なので、一般の医療費と同等程度で済みます。
人工授精・・・ 1 回につき 1 万? 3 万円程度
体外受精は、・・・約 30 万円程度
顕微受精は、30〜50 万円程度
不妊治療費の一部を助成する特定不妊助成事業が始まっていますので、助成金がもらえる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   



Q&A記事一覧