妊婦検診 費用

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

妊娠したけど、お金がない〜。

 

妊婦健診の助成金が出るようになったわけ
数年前から、妊婦健診を全く受けない、または2〜3回程度しか受診しないで出産してしまう未受診出産が社会問題に。

 

そこで、政府が出産するときの安全確保、少子化対策の一環として妊婦健診の費用を助成しようということになり、助成金が出るようになりました。

 

本当にありがたいことです!感謝!

 

妊婦健診は必要なのか?

 

妊婦健診って必要ですか?

 

産婦人科医 画像
定期的な受診が必要です。

 

妊婦健診では妊婦さん、赤ちゃんの健康状態を定期的にチェックします。

 

心身ともに健康で安心して妊娠期間を過ごすために医師、助産師のアドバイスを受けます。

 

・受診回数は出産までに 合計14回程度おこなわれます。

 
 

どれくらいのお金が必要ですか?

 

⇒ 妊婦健診と診察費用は?
病院にもよりますが、1回の健診は 5,000〜8,000円程度ですが、特別な検査があれば、1回で2万円以上という場合もあります。

 

妊婦健診だけで トータル10万円以上はかかってきますね。

 
 

公費 補助金のおかげで妊婦健診は無料になったのですか?

 

公費負担の拡充によって、自己負担は確実に減りました
必要な回数(14回前後)の妊婦健診が受けられるよう、地方財政で任意助成とされていた9回分について、国が2009年の4月から助成を始めました。

 

(9回分の内 5回分は地方財政で負担)

 

また、財政難のために補助額の減額、補助回数の削減などを実施する自治体もあって完全無料化とまではなっていません。

 

現在の妊婦健診の公費負担額の全国平均値は 約97,500円になっています。

 

管理人の場合
妊婦健診に 計14万円かかりましたが、助成金(約9万円)のおかげで自己負担額が約5万円で収まり助かりました。

 

妊娠がわかったらすぐに市役所へ届出を

 

受けられるサービス

 

  • 母子手帳の交付
  • 保健師などへの相談、母親学級の紹介など各種情報の提供

 

勤務時間内の健診もOK
働いている妊婦さんは、会社に申し出ると勤務時間内に妊婦健診を受診できると法律によって定められています。
(男女雇用均等法第12条)

 
このエントリーをはてなブックマークに追加