AMH検査と費用について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

AMH検査 卵巣にある卵子数を予測

 

AMH検査は、卵巣内に残っている卵子の数を予測する検査です
検査 画像
AMHとは、アンチミューラリアンホルモンの略です。

 

妊娠したいあなたは遅くとも30歳までにはAMH検査を。

 

 

また将来、妊娠を望んでいる人は、30歳になったら産む体としての状態を意識しましょう。

 

卵巣の病気になったことがある人は卵子の残数が少ないかも知れないし、母親の閉経が早かった人は遺伝的に閉経が早めに訪れるかも知れない。

 

でも、それに早く気づくことで打てる手段を見出すことができます。

 

どんな層に受診してほしいか?

 

 

 

【 30〜35歳の場合 】
まず、一度AMH検査を受けても良い段階で、半年間妊娠しないようでしたら、不妊治療専門クリニックを受診してみましょう。

 

 

【 35歳以上の場合 】
自分は健康だし、生理も順調 など、自己判断せずに すぐに不妊専門クリニックを受診してみましょう。

 

統計データでは、自然妊娠が難しくなってしまう年代です。

 

AMH検査をはじめ不妊となる異常がないか、基本的な検査を行い医師に相談しましょう。

 

 

 

AMH検査の費用

 

保険適用外の検査のために、5000〜10000円の自己負担です。

 

不妊治療の一環でしか検査していない婦人科もあるので、事前に電話して下さい。

 

 

また、仮に検査の結果が悪かったとしても、卵子の数を増やすことは不可能で、AMHの数値を改善することもできません。

 

ただ、卵子の質を下げない努力で、妊娠する確率をキープすることは可能です。

 

 

次のページで、卵子の質を高める方法について解説しています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加