妊活 男性 夫 精液

このエントリーをはてなブックマークに追加   

精液は貯めておけるの??

 

2015年8月16日更新:[男性妊活

 

さあ、子供を作るぞ!と禁欲して射精を我慢している人がいます。

 

あなたもそうではありませんか?

 

 

排卵日に向けて、禁欲してできるだけ精子を貯めておいた方がいいのでは?と考えている人が多いのではないでしょうか?
「セックスが体にいい」ということは間違いないようですが、それが、イコール「射精が体にいい」ということではないようです。

 

射精が体にいいのか?

 

その答えはまだないのです。

 

けれど、妊活の問題の上では男性不妊の専門家によると、健康な精子を製造するには、どんどん射精をしたほうがいい!

 

なぜなら、射精しないと、精子は体内で老化し、最後には体内に吸収され、溶けてなくなってしまうからです。

 

精子は酸化ストレスを受けることにより老化してしまうので、禁欲しても、老化した精子を貯めこむだけになってしまうことになるわけですね。

 

それならば、毎日射精して、フレッシュな精子を!!と安易に考えてしまいそうですが、毎日の射精となると、

 

あきらかに濃度や精液の量が減ってしまうので、適度にしておいたほうがよさそうです。

 

 

負担にならない自分のペースで、且つ定期的に、試みていきましょう。

 

 

 

 

貯めた精液は濃いの??

 

なんとなく、精子を貯めておくと精子が濃くて、貯めずにいるとサラサラと薄いイメージがありませんか?
精液がドロッとしていると、精子がいっぱい入っていそう…と思われるかもしれませんが、見た目と中身は全く関係ありませんよ。

 

まず個人差も大きいですし、精子の状態なんて専門家が顕微鏡で見ないと全くわからない状況なのですから、素人がわかるはずもないのです。

 

精液は、前立腺や精嚢からの分泌物がほとんどで、これらの成分は白濁してドロっとしていますし、精子の数や運動量などはこれに因果しません。

 

射精しないで貯めておくと、酸化ストレスを受けて精子が老化していくため、ドロッとしていても精子が老化していたり死んでいることもあるのです。
ドロっとしていても、精子の質には何の関係もないのですね…。

 

もちろん、感染症などにより精液が濃くなるという場合もありますので、場合によっては病院で見てもらいましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加