管理人の妊活中の生活を実況中継

このエントリーをはてなブックマークに追加   

管理人の妊活中の生活を実況中継

 

管理人の妊活中の生活を実況中継

 

 

管理人が妊活をはじめてから無事に出産するまでの軌跡をここに紹介したいと思います。

 

 

 

まず、管理人が妊活を始めたのは34歳の時でした。

 

 

結婚できたのが34歳と友人と比べると遅かったので、妊活もそれからという感じでしたが35歳以上は高齢出産に分類されるというのは知っていたので、年齢別の妊娠率が気になっていたので、調べてみました。

 

年代別の妊娠率

 

 

 

自分のカラダが健康であるのか、母体としてどうなのかを知るために婦人科へ婦人病検診を受けました。

 

婦人科の受診は、初めての方には敷居が高いと感じるかもしれませんが、「慣れ」です!!通っているうちに慣れてきます!

 

ただ、自分に合う病院を探すことをおすすめします。デリケートなことですので、医師や看護師やスタッフの対応なども大切です。

 

 

 

検診の内容は・・・子宮ガン・子宮頸がんのチェックと、超音波検査、性病でもあるクラジミアの検査でした。

 

 

 

 

 

そして、生まれて初めて基礎体温をつけはじめました。

 

簡単なことだと思うかもしれませんが、低血圧な管理人は朝が大の苦手。起きるだけで精いっぱいなのに、毎日毎日、朝一番に検温の作業は辛かったです。

 

ほんと、妊活って女の人ばかり負荷がかかるなぁと、思わず文句も言いたくなりました・・・。

 

「朝食の用意はお願いね!」 とご主人に頼める人は頼みましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

婦人科の医師に注意されたのは、体重です。

 

管理人の体重は 157cmで42〜43キロだったのですが、妊娠するのはやせすぎだと言われました。

 

お医者さまの話によると、太り過ぎより痩せすぎの方が妊娠しにくいようです。

 

せめて50キロくらいまで太った方がいいよとアドバイスされました。

 

管理人は胃下垂で太りにくい体質だったため、今まではラッキーだと思っていましたが、

 

ここにきて、「太らなければいけないのか〜!!」とショックを受けたのです・・・。

 

自分の性格上、「こうしなきゃ!!」と自分を追い込むとストレスで逆効果になることが

 

わかっていたので、あえて目標設定を高くせず、緩く気長に、体重を増やすよう頑張りました。

 

その結果、50キロは無理でしたが、なんとか47キロまで半年かけて5キロ太りました。

 

ここで大切なのは、体重のことを考えすぎてストレスをためないこと!!緩い気持ちでいるように心がけました。

 

 

 

 

 

この時に妊娠するのに良いとされる栄養、食事面を勉強し、食生活を大きく変えていきました。

 

食生活は、生きていく限りずっと関わっていく問題なので、改めて勉強してよかったです。

 

 

また、妊活用の葉酸サプリも飲むようにしました。

 

 

 

 

 

 

また、管理人はかなりの冷え症です。

 

妊活には冷え性はいけないということで、温活をはじめました。

 

もともと生理痛がひどかったこともあり、冷えにも効果のある漢方薬の当帰芍薬散はずっと飲んでいました。

 

朝起きて、すぐに白湯を飲む習慣にしました。暖かいものを飲むとおなかの中も目覚めて、食欲もわきますし、

 

冷たい水よりも体に優しい感じがします。管理人はぬるま湯が苦手で、熱湯に近いものでしたが・・・。

 

これでだいぶん体調がよくなりました。

 

あとは、足元を冷やさないように、靴下の重ねばきをしていましたね。

 

シルクの靴下!!あれいいですね〜!靴下の概念変わりました。

 

冬は特に、食べ物にしょうがをやたらと取り入れました。しょうが湯はもちろん、紅茶にもいれてジンジャーティにしたり。

 

即効性があり、すぐにポカポカと体が温まりますね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、もちろん旦那さまも妊活に協力です。

 

睾丸を温めないようにパンツをトランクスに変えてもらったり、サウナは禁止、タバコもやめていただきました。(←コレが大変!!)

 

 

また、うちの旦那さまは頭がちょっと薄くなってきていて育毛剤をつかっているのですが、育毛剤に含まれているプロペシアという成分が男性ホルモンを抑えるという効能があるようです。

 

男性ホルモンを抑えれば、性欲も減りますし精子の数も減ります。

 

これはいけないということで、育毛剤の使用を妊娠するまでいったんやめていただきました。

 

「毛がなくても気持ちは変わらないよ〜?」 と、フォローは忘れずに?

 

家族になると、頭が薄かろうが、ハゲてようが、どうでもよく感じる管理人です・・・。 それよりあったかい心を持っていてくれれば、全然オッケーです!

 

実際、育児においては、夫の外見ではなく内面が非常に重要ですからね!!

 

 

 

 

 

 

 

生活のリズムを変えました。

 

早寝早起き。当然かもしれませんが、これ、なかなか難しいです。とくに土日はぐちゃぐちゃになってしまうことも・・・。

 

でも、これもまた、あまりキッチリしすぎず、できる範囲で頑張りました。

 

 

 

 

 

管理人は元々便秘気味でした。

 

妊婦さんの話によると、たいてい妊娠中は頑固な便秘になると聞いていたので、妊活中から便秘対策をはじめした。

 

便秘解消の対策として、はぐくみオリゴというオリゴ糖を飲み始めた。

 

これはバツグンでした。

 

 

妊娠中の便秘について

 

 

 

 

 

 

それでもなかなか自然妊娠できなかったので、人工授精を決意する

 

 

妊娠

 

 

 

妊娠線ができるだけ残らないように妊娠予防クリームで対策

 

 

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加