妊娠初期からはじまる便秘

このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊娠初期からはじまる便秘

 

妊活している間に知っておいて欲しいのが、妊娠初期の便秘のこと。

 

普段、快便の方であっても、妊娠初期(1〜3ヶ月)になると 便秘になってしまう方がとても多いのです。

 

そして、妊娠発覚後から便秘対策をしても手遅れの場合が多いです。

 

そこで、妊活している時から準備しておくと妊娠初期に便秘で悩むことが少なくなると思います。

 

妊娠初期に便秘になってしまう理由

 

黄体ホルモン

妊娠すると、黄体ホルモンが通常よりも多く分泌されます。

 

すると、大腸の腸壁から便の水分が普段よりも多く吸収されるので、どんどん便が硬くなって出にくくなり便秘状態になるわけです。

 

黄体ホルモンとは?
妊娠を助けるホルモンで、体内の水分を保持したり食欲を増進させる働きがある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また人によっては、妊娠中期に入ってくると赤ちゃんが成長し、子宮が大きく膨らむので大腸を圧迫して便秘になってしまう場合もあります。

 

 

妊娠中の便秘の知識

 

妊娠中に便秘になってしまった時に知っておくべき事例がありますので、覚えておいて下さい。

 

@ 浣腸の刺激で陣痛の時期が早まる恐れがあるため浣腸をしてはいけません。

 

A 便秘薬が欲しい時は、係りつけの医師に相談して下さい。 胎児への影響が考えられるので、市販の下剤などはやめてください。

 

 

便秘が原因で痔に

妊娠中の便秘が原因で、痔になってしまう方もおられます。
 女性の痔
頑固な便秘になってくると、出ないのでさらに頑張るので切れ痔になってしまう可能性が高まります。

 

一旦切れ痔になってしまうと肛門が痛いので、トイレに行くのがおっくうになり、そこで我慢していると便秘がさらに悪化してしまう悪循環に陥ってしまうわけです

 

腸内環境を整えておくのが大切

 

管理人も妊娠している間に頑固な便秘で苦しみましたが、その他の妊婦さんもやはり便秘で悩んでいる方が多いようです。

 

しかし、便秘だからと言っておなかに赤ちゃんがいる時は浣腸や下剤を使うのはできるだけ避けたいものです。

 

普段から腸内環境を整えておく

妊婦の腸内環境

 

妊娠中に頑固な便秘にならないように、妊活中から腸内環境を整えておくことをおすすめしたいですね。

 

乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べたり、繊維質の食品を多めに食べると良いと思います。

 

管理人は、青汁を飲むといくらかましになりましたが、最近ではオリゴ糖も便秘に効くみたいで人気ですね。

 

オリゴ糖なら、「はぐくみオリゴ」 という妊婦さん専用のオリゴ糖が有名です。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加