妊活、妊娠中に気をつけたい風疹

このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊活、妊娠中に気をつけたい風疹

 

管理人が妊活中に受けたのが、風疹の抗体検査です。

 

風疹の予防接種は妊娠中には受けることができません。

 

 

妊活、妊娠中に気をつけたい風疹

 

風疹ウイルスへの感染により起こる病気で、体全体に赤い発疹がでますが、数日で治ってしまう病気です。

 

 

妊娠16週頃までに感染すると赤ちゃんが白内障、心疾患、難聴など、さまざまな症状をかかえる先天性風疹症候群になる可能性が高いことがわかっています。

 

 

 

特に妊娠4〜8週に感染した場合、先天性風疹症候群になる確率は80%以上というデータもあります。

 

 

 

また、旦那さまも風疹の記憶があいまいだったので、一緒に抗体検査を受けました。

 

 

 

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加