妊活 妊娠中に猫は飼えるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊活、妊娠中に猫は飼えるのか?

 

妊活中、妊娠中に猫は飼って大丈夫なの?

 

マンチカン

 

管理人は大の猫好きで、特に足の短いマンチカンがお気に入りです。

 

ペットショップで、マンチカンを見た時からはまってしまって飼いたいなぁと昔から思ってました。

 

その話を産婦人科の医師に話してみると、猫を飼うとトキソプラズマ症のリスクがあるよと教えて頂きました。

 

先生が簡略して説明されたので、あまりよくわからなかったので、さっそく家に帰ってみて詳しく調べてみたんですね。

 

 

猫を飼うとトキソプラズマ症のリスク

すると、やはり猫には病原性原虫による感染症のリスクがあり猫から感染する病気として知られていますが、そればかりではありません。

 

一般的には感染した猫のふんから感染するのですが、その他十分に加熱していないお肉やレバーを食べて感染することもあります。

 

また、妊娠してからはじめて感染した場合は、お腹の赤ちゃんにも感染して先天性トキソプラズマ症になったり、流産・早産を引き起こしたり可能性があります。

 

したがって、すでに長く飼いつづけている場合は、妊娠前にすでに感染している確率が高く、今回の妊娠でトキソプラズマ症の影響を心配する心配する必要はあまりないみたいですね。

 

血液検査で、この病気への抗体を調べますが、陰性だった妊婦さんの方が初感染の心配があるということ。

 

結論
よって、新たに猫を飼いはじめる事はやめておいた方が良さそうです。

 

また、お肉やレバーなどは必ず加熱して食べましょう。

 

 

結局我が家はこうなりました

このようなお話を聞いて、旦那さまと相談してマンチカンを飼うのは断念したんですが、無事に出産して、子どもがある程度大きくなればまたその時に考えたら良いという結論になりました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加