三重県 不妊治療助成金制度

このエントリーをはてなブックマークに追加   

三重県が行っている不妊治療助成金制度

 

2015年10月24日更新:[不妊治療助成金

 

三重県の特定不妊治療助成金制度は、他の県よりもかなり整っています。

 

全国一律である助成金はもちろん支給されますし、その他に市町村が上乗せして助成金を出してくれます。 加えて・・・

 

  • 男性側に原因である不妊の助成
  • 二人目不妊に対しての助成
  • 不育症の助成

 

 

これらの助成も行っており、ここまで制度の整った県は全国でも珍しいです。

 

 

 

 三重県Data
現在の三重県の人口 183万人
県庁所在地 津市
三重県の合計特殊出生率 1.51 (都道府県別 22位)

 

 

 

 

三重県が行っている不妊に悩む方への特定治療支援事業

 

三重県が行っている助成事業は、国が決定したものをそのまま実施しているもので、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」と呼ばれています。

 

助成対象者は以下のとおり

  • 体外受精
  • 顕微受精

 

※ 人工授精やタイミング法をされている方は助成金の対象外になります。

 

国が実施している助成制度を詳しく解説しています。

 

 

 申請窓口
また、この助成金を頂くには、申請が必要です。

 

申請受付はお住まいの市町村で行っていますが、お住まいを管轄する保健所でも申請を受け付けています。

 

 

三重県が指定している9つの病院

 


不妊治療助成金を貰うためには、三重県知事指定の病院で不妊治療する必要があって、どの産婦人科で治療しても助成が受けられる訳ではないので注意して下さい。

 

体外受精と顕微授精の両方行っている病院

体外受精

顕微授精

 

桑名市泉字イノ割
医療法人尚徳会ヨナハ産婦人科小児科病院

 

四日市市ときわ
医療法人慈芳産婦人科

 

四日市市生桑町菰池
医療法人尚豊会みたき総合病院

 

四日市市諏訪栄町
こうのとりWOMENS CAREクリニック

 

鈴鹿市磯山
みのうらレディースクリニック

 

津市江戸橋
三重大学医学部付属病院

 

津市栗真中山町
医療法人西山産婦人科

 

松阪市朝日町一区
済生会松阪総合病院

 

伊賀市上野忍町
医療法人森川病院

 

三重県内の市町村が行っている不妊治療助成金制度もあります

 

三重県が行っている助成制度とは別に市町村単位で行っている特定不妊治療助成金(上乗せ助成・男性不妊助成・その他の助成)があります。

 

助成額 備考

津市

上限10万円/回

39歳以下 通算6回まで

40〜43歳未満 通算3回まで

桑名市単独事業

上限3万円/回

コウノトリ支援事業

桑名市

上限10万円/回

通算5回まで

桑名市単独事業

上限3万円/回

コウノトリ支援事業

 
 

男性不妊が対象の助成金制度

県助成の対象となる特定不妊治療で男性不妊の治療、つまり精巣内精子生検採取法などで精子を精巣から採取する手術が必要な時は、市町村から助成金がでます。

 

助成金の額は、1回あたり5万円までというのがほとんどですが、本当にありがたい制度ですが、支給される市町村は以下のとおりです。

 

助成金額・他

津市

5万円/回

桑名市

5万円/回

松坂市

5万円/回

伊賀市

5万円/回

亀山市

5万円/回

鳥羽市

5万円/回

志摩市

5万円/回

 

 

助成金額・他

紀北町

5万円/回

御浜町

5万円/回

川越町

5万円/回
 
 

第二子不妊に対する助成

第二子以降の特定不妊治療(体外受精・顕微授精)が対象となる助成金制度ですが、残念ながら三重県の助成、男性不妊治療に対する助成はありません。

 

※年間の助成回数の制限がない人が対象になります。

 

市町村

助成金額 その他

津市

上限15万円/回

39歳以下 通算で6回まで

40歳以上 通算3回まで

松坂市

上限10万円/回

39歳以下 通算で6回まで

40歳以上 通算3回まで

伊賀市

上限15万円/回

39歳以下 通算で6回まで

40歳以上 通算3回まで

亀山市

上限10万円/回

39歳以下 通算で6回まで

40歳以上 通算3回まで

鳥羽市

上限10万円/回

40歳未満 通算で2回まで

40〜43歳未満 通算5回まで

紀北町

上限15万円/回

40歳未満 通算で6回まで

40〜43歳未満 通算3回まで

御浜町

上限15万円/回

40歳未満 通算で6回まで

40〜43歳未満 通算3回まで

川越町

上限15万円/回

43歳未満 通算で2回まで

※ 年間の回数の制限は無し

 

 

その他・一般不妊治療に対する助成

市町村

助成金額 種別

津市

上限10万円/回

人工授精

鈴鹿市

上限10万円/回

人工授精

伊勢市

上限10万円/回

一般不妊治療

鳥羽市

上限3万円/回

人工授精

1年に1回まで・通算5回まで

明和町

上限15万円/回

一般不妊治療

志摩市

上限15万円/回

人工授精

東員町

上限20万円/回

保険適用外医療費の自己負担金

不妊治療検査・診療費の保険診療費の一部負担金

 
このエントリーをはてなブックマークに追加