青森県 不妊治療助成金

このエントリーをはてなブックマークに追加   

青森県内の市町村が行っている不妊治療助成金制度

 

2015年10月24日更新:[不妊治療助成金

 

青森県 特定不妊治療助成金制度

 

 青森県Data
現在の青森県の人口 132万人
県庁所在地 青森市
青森県の合計特殊出生率 1.43 (都道府県別 37位)

 

 

青森県内の市町村のホームページで助成金情報をチェックしましたが、基本的に人口の少ない市町村が多いので、独自の不妊治療助成金制度が無いというところが多数でした。

 

よって、比較的大きな市では上限15万円/回の助成金がでますが、ゼロという市町村も多くその差はかなり大きいかったです。

 

そういう意味では青森県内の市町村の不妊治療助成金制度は他の都道府県と比べるとお財布事情が厳しいのかなと感じます。

 

 
 

青森県が指定している7つの病院

青森県が指定している指定医療機関
不妊治療助成金を頂くためには、青森県知事が指定している病院で不妊治療する必要があり、どの産婦人科で治療を受けても助成金が貰えるわけではありません。

 

2015年現在、青森県内の指定医療機関は以下に紹介する7病院です。
体外受精しか行っていない病院(クリニック)もありますので、ご注意下さい。

 

 

体外受精と顕微授精の両方行っている病院

体外受精

顕微授精

 

青森市浜田
エフ・クリニック

 

青森市筒井字八ッ橋
レディスクリニック・セントセシリア

 

弘前市本町
弘前大学医学部附属病院

 

弘前市早稲田
婦人科さかもとともみクリニック

 

八戸市柏埼
八戸クリニック

 

 

 ここから下は、体外受精のみ治療可能の病院リストになります。

 

体外受精

顕微授精

×

 

弘前市高田
池田レディスクリニック

 

むつ市小川町
むつ総合病院

 

 
 

 青森県内の市町村が単独で行っている特定不妊治療助成金制度

 

助成金(上限)

備考
青森市

15万円まで/回

初年度は3回まで

2年度以降〜は要相談

つがる市

15万円/回まで

むつ市

要確認

平川市

10万円/回まで

治療費から青森県の助成額を控除した額と、青森県の助成額に2/3を乗じて得た額を比較して、いずれか少ない額
つがる市

上限15万円/回

1回の治療につき青森県が助成した額を控除した額に対して、上限15万円まで助成
十和田市

上限10万円/回

治療費から青森県の助成額を控除した額と、青森県の助成額に2/3を乗じて得た額を比較して、いずれか少ない額
五所河原市

15万円/回まで

1年あたり2回まで 通算5年まで
弘前市

ケースによって違う

1回の治療費から青森県からの助成額を差し引いた額のうち、助成対象経費の実支出額または青森県の助成額の1/2のいずれか少ない額
三沢市

15万円/回

通算5年まで/年2回まで

 

 

助成金(上限)

備考
大鰐町

上限10万円/回

青森県が助成した額を差し引いた額の2/3
藤崎町

上限5万円/回

1回の治療費から青森県からの助成額を差し引いた額のうち、助成対象経費の実支出額または青森県の助成額の1/2のいずれか少ない額
田子町

制度無し

平内町

制度無し

 

 

助成金(上限)

備考
六ヶ所村

制度有り

要相談
岩崎村

制度無し

 
このエントリーをはてなブックマークに追加