葉酸(サプリ)はいつからいつまで飲むのがベストか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

葉酸の必要な時期

 

妊活中、葉酸(サプリ)はいつからいつまで飲めば良いのか?

 

この疑問についてですが、妊活をスタートさせた今から飲んで、出産後、授乳が終わる頃まで摂取量に差はありますが、飲むというのが答えになりますね。

 

厚労省のホームページで、妊娠する1か月以上前から摂るのが望ましいと紹介されているのですが、いつ妊娠するのかなんて誰にもわかりませんから、今から摂って準備しておくというのが正解だと思います。

 

また、女性だけではなく男性も摂った方が良い成分です。

 

(その理由は下記に書いてます)

 

2002年度から、神経閉鎖障害の発生を防ぐために母子健康手帳にも食事の欄に葉酸の摂取の必要性が紹介されるようになりました。

 

アンダーラインのところに書かれてますね!

 


〈管理人のMY母子手帳です!〉

 

 

母子健康手帳

 

一応個人の母子手帳なので、名前のところにモザイクを入れてます。

 

 

 
 

男性の葉酸不足はどうなの?

旦那さまの葉酸不足は、精子の遺伝子異常の割合があがるという研究結果もあり、葉酸は自分の精子の染色体異常を20〜30%も減らす事がわかってます。
(カリフォルニア大バークレー校パブリックヘルスのブレンダ氏の研究結果)

 

ただ、男性の場合の推奨摂取量は240μgです。

 

日本の男性の1日の平均摂取量は246μgとなっているので、足りているということになります。

 

 

仕事が忙しくて疲れているビジネスマン

 

しかし、お仕事で忙しいビジネスマンなど外食や、コンビニ弁当ばかり、という方は明らかに葉酸が不足していると思われますので、そういう人は要注意ですね。

 

葉酸を多く含む食べ物・果物

 

一般的な食材の中で厳選するなら!

 

ブロッコリー・菜の花・モロヘイヤ・アスパラガス・ホウレン草・春菊などの緑黄色野菜の他、苺・納豆・ウナギ・アボカドなどに多く含まれます。

 

葉酸という成分はビタミンB群のひとつの水溶性ビタミンで、体内に貯めておくことができませんので、常に補給してやらないといけない成分なのです。

 

また、カラダへの吸収率はそれ程よくない事を知っておきましょう。(約50%)

 

 

葉酸の吸収率をアップさせる予備知識
ビタミンB12を一緒に摂ると葉酸の吸収率がアップしますので、覚えておいて損はないです。

 

ビタミンB12を多く含む食品というと、しじみ・あさり・はまぐりなどの海鮮モノとか、牛レバー、鶏レバーなどに多く含まれていますね。

 

ビタミンB12たっぷりのしじみのお味噌汁
【ビタミンB12たっぷりのしじみのお味噌汁】

 

毎日しじみのお味噌汁を飲んでいたら良い感じじゃないでしょうか?

 

管理人は、しじみに飽きたらあさりにチェンジしてますし、はまぐりのお吸い物も良いと思いますよ。

 

1日の葉酸の必要量とは

 

1日に必要な葉酸の量も、それぞれの時期によって変わってきます。

 

その前に、知っておいてほしいことが葉酸の上限量の事なんですね。

 

葉酸に限ったお話でありませんが、体に必要だからと言っていくらでも摂ってもOKということではなく、葉酸の場合は、1日に上限1000μgまでと厚労省から通達されています。

 

この摂取量を常時オーバーすると胎児が喘息(ぜんそく)になってしまうリスクがあると報告されています。

 

 

 1日に必要な葉酸の量
@ 妊活中
1日 400μg(0.4g)

 

A 妊娠中の時
1日 480μg(0.48g)

 

B 授乳時
1日 340μg(0.34g)

 

良質な母乳をつくるため、または赤ちゃんの栄養補給を促すためにも必要です。

 


1食のみで一気に400μg摂ったとしても、必要以上はおしっこで排出されてしまいますから、せめて朝食・夕食の2回に分けて摂るのが理想です。

 

葉酸って食事だけではダメ?

 

管理人が妊活を始めて間がないころ疑問だったのが、葉酸を摂るのって食事だけではダメなのかな?と思ったことです。

 

葉酸たっぷりのブロッコリーサラダ

 

そして、いろいろ調べていくうちに「これは食事だけでは無理だわ!」と思い知ることになるのです。

 

食材の葉酸は熱に弱く吸収率も悪い

葉酸は水溶性で熱に弱いビタミンBの一種なんですが、熱に弱いことから料理している間に葉酸の成分の約半分が壊れてしまう繊細な成分なんですね。

 

そして、カラダへの吸収率が悪く約50%程度しか吸収されませんので、吸収されない分は、おしっこで外へ排せつされてしまいます。

 

結局、妊活中に1日に必要な葉酸400μg分を食材から摂ったとしても、カラダへ吸収される葉酸はたった100μgになるということです。

 

 葉酸400μgを摂るならブロッコリーが2キロ必要
元々は、葉酸400up分のブロッコリー(480g)を用意したとして、サラダにしようとゆでると熱で栄養が半分失われるので、葉酸は200μgに半減。

 

茹でた200μg分のブロッコリーを食べても約半分の100μgしかカラダには吸収されません。

 

よって、400μg分を食材だけで摂ろうとしたら、ブロッコリーで換算すると、1600μg分も食べないといけないことになります。

 

 

※ ブロッコリー100gに含まれている葉酸は120μgですから1600μg分のブロッコリーというと、1,920gになり、約2キロです。

 

そんなに食べれません!」 ということです。それも毎日・・・。

 

 

 

葉酸サプリの吸収率は約85% と優秀!

 

では葉酸サプリはどうなのか?というと、食材に含まれている葉酸と違って、サプリメントの葉酸はひとつひとつがバラバラになった状態(プテロイルモノグルタミン酸)です。

 

また、調理によって成分が壊れることもありませんので、サプリに含まれている量の約85%程度がカラダへ吸収されます。

 

食材からだけでは、吸収率の低さもあって葉酸摂取量が不安定になるので、より確実に吸収される葉酸サプリを厚労省も薦めているということになります。

 

葉酸400μgを摂れるベルタ葉酸サプリ

 

ベルタの葉酸はたまごクラブにも特集が組まれている人気のサプリです。

 

吸収率の良い葉酸サプリ ベルタ

 

ベルタの葉酸サプリは、無添加・無香料にこだわり、さらに放射能チェックも徹底しています。

 

 

葉酸400μg・ビタミン・ミネラル27種類・鉄分15mg・カルシウム250mg・野菜18種類・美容成分6種類(ツバメの巣・ヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロ・珊瑚カルシウム・黒酢もろみ)と鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルが豊富。

 

ベルタ葉酸の成分表

葉酸、酵母、黒酢もろみ、ツバメの巣、コラーゲン、プラセンタ、キャベツ、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、カボチャ、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト、貝殻カルシウム、セルロース、クエン酸第一鉄ナトリウム、ステアリン酸カルシウム、クエン酸、ビタミンB6、珊瑚カルシウム、ビオチン、B-カロテン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ヒアルロン酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12

 

継続して飲むサプリなので、ユーザーの声を参考にして改良を積み重ね、粒のサイズ・形状・つわりの時にも飲みやすいように匂いにまでこだわった妊活する人のためのサプリです。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加