妊娠 体重増加 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊娠しやすい理想の体重とは?

 

いきなりですが、あなたは太ってますか?やせてますか?
美容体重妊娠体重はまた別物なんです。

 

微笑む女性

 

もっと痩せてきれいになりたいという願望で、さまざまなダイエットを試してきたという女性も多いと思います。

 

しかし、行きすぎたダイエットによる体重の急激な変動は卵子の老化を加速させる原因になります。

 

ホルモンのバランスを崩したり、月経の周期が乱れたりして無排卵を引き起こしたり不妊となるケースが増加しています。

 

特に短期間に大幅に減らすとホルモンの分泌を司る脳からの指令がストップし、脳からの指令がないと 卵巣はパニックとなり働かなくなるのです。

 

規則正しい排卵周期を保つためには、妊娠体重を知ることからはじめましょう。

 

 

妊娠に適した体重とは?

 

このページでは一般的にもよく知られているBMIで計算します。
BMI (BODY MASS INDEXの略)

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

標準体重の目安が、18.5〜25 に対して妊娠体質の目安は BMIが20〜24

 

一般的には妊娠しやすいのはBMI値22.0が理想と言われています。
(わかりやすいように身長別でBMI22の体重を算出してみました)

 

身長(cm)

BMI 22の体重(kg)

150

49

151

50

152

50

153

51

154

52

155

52

156

53

157

54

158

54

159

55

160

56

161

57

162

57

163

58

164

59

165

59

 

 妊娠しやすい体重はBMI22です。
自分の身長と照らし合わせるとBMI22の体重を掲載していますが、どうでしょうか?
少しぽっちゃりかも・・・と感じるかも知れませんが、妊娠するにはこれくらいがちょうど良いのです。

 

しかし、妊活を始めた女性の体重の統計をとったところ約50%の人がBMI20未満のやせすぎ、理想的な標準体重に当てはまる人はたった3割程度という結果になっています。

 

BMI24以上の肥満、BMI20未満の痩せすぎの女性はホルモンが正しく分泌されず妊娠には大きくマイナスです。

 

 

 

また、概算値ではなく、正確なBMI値を知りたいという方に身長、体重を入力するだけで自動的に正確なBMIを算出するページをご用意しています。 

 

正確なBMI値を知る

 

太りすぎの女性排卵障害のリスク

 

また、BMI24以上の太りすぎも妊娠にはよくありません。

 

お腹が出ている肥満女性

 

太りすぎの女性は適正体重へのダイエットが必要です。

 

肥満を解消したら

  • 月経不順だったのに規則的になった
  • ガタガタだった基礎体温が低温期と高温期に分かれた二相性になった
  • 運動して体重を減らしたら自然妊娠した

 

ということもよくあることなんです。

 

肥満のリスクとは?

肥満は排卵昨日に悪い影響を与え、無排卵、無月経の原因となり、さらに太り過ぎになると妊娠から出産において難産や妊娠糖尿病などの原因となります。

 

運動を取り入れて健康的なペース(月1キロ程度)で体重を落とすようにします。

 

食事の量を極端に落としたり、1品目を食べ続けるダイエット等は論外ですよ。

 

女性ホルモンバランスが崩れると排卵障害が起こる

女性ホルモンは体脂肪に蓄積されるのですが、体脂肪が多すぎる場合は女性ホルモンが過剰になりやすく、少なすぎる場合は女性ホルモンが不足がちになり、どちらもホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

また、卵巣に卵胞がたくさんあるのに排卵が起きにくい多胞性卵巣症候群の体質の女性は肥満によって排卵障害が悪化します。

 

運動と食事で体重を落とすだけで排卵が起こるようになり妊娠する人もいますので、体重管理ってみなさんが思っている以上に大切なことなのです。

 

 

関連ページ:妊活中のダイエット

 

BMIが20以下のやせすぎは標準体重の4倍妊娠しにくい

 

逆にやせすぎの人は標準体重の人の約4倍妊娠しにくいともいわれています。

 

やせすぎというだけではあまりにも曖昧なので、「妊娠するにはやせすぎ」という定義をこのサイトではBMI20以下の女性とします。

 

わかりやすいように身長別でBMI20の体重を算出しました。
(BMI20以下の体重の女性はやせすぎとなります)

 

身長(cm)

BMI20の体重(kg)

150

45

151

45

152

46

153

46

154

47

155

48

156

48

157

49

158

49

159

50

160

51

161

51

162

52

163

53

164

53

165

54

 

いかがですか?
妊娠したい人の統計では約50%の女性がやせすぎとなっていますが、あなたも該当していませんか?

 

やせすぎは無月経・胎児に栄養がいきわたらないリスクがある

今の女性は健康的なカラダより、スレンダーなモデル体形を目標にしていますが、それは実は妊娠にとっては危険なことです。

 

標準体型なのに、外見上の見栄えが良い美容体重(やせすぎ)を目指して排卵が起きなくなったり月経が止まってしまった方がたくさんいます。

 

特に1ヶ月で3キロ以上の体重を落とすダイエットをすると脳が「これは危険だ!」と生命維持のために働くことを優先し、生殖に関係するホルモンの指令が後回しになります。

 

それが、無排卵や無月経を招くことにつながってしまうのです。

 

これを体重減少性無月経と言います。

 

また、妊娠した時に胎児に十分な栄養が行き渡らない恐れもあります。

 

 

従来の指導とは変わっています

従来では、妊娠中には太りすぎないようにという指導がされていましたが、妊婦が肥満防止のためにカロリーを制限しすぎると、胎児が低栄養となり出生後に肥満、糖尿病などの生活習慣病になりやすいことがわかってきています。

 

現在では小さく産んで大きく育てるという理論は子どもにとってはむしろマイナスとなるという考えが主流になっています。

 

妊娠しやすい体型はBMI21〜22前後。
少しぽっちゃりくらいがちょうど良いと覚えておきましょう。

 

痩せすぎの女性はBMI22まで体重アップを狙いましょう。

 

 

関連ページ: 妊活中の食事

 
このエントリーをはてなブックマークに追加