あなたが妊娠できない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加   

あなたが妊娠できないその理由とは

 

普通なら結婚して、1年半で90%妊娠できる!
そもそも人間の女性は35歳くらいまでであればごく普通に自然妊娠できるようになっていて、普通に夫婦生活があれば1年半以内に子どもができる可能性は90%なんです。

 

それにも関わらずなかなか妊娠できないのはそれなりの理由があるはずです。

 

まずは、自分たち夫婦の体に何か問題はないのか?を考えてみるべきです。

 

問題があれば不妊治療が必要ですし、仮に問題がなかったとしても何か改善点はないのかを探してみるべきです。

 
 

まずは病院へ行ってほしい


まずは、婦人病検診に行ってほしいのですが、ここで何か問題があれば、そこを治療しなければなりません。

 

特に35歳以上の方は今すぐにでも行ってほしいです。
悩んでいる間にも卵子の老化は進んでしまいます。

 

そこで仮に、自分の体に抗精子抗体を持っていたとすれば、膣内に入ってくる精子をすべて拒絶するので精子がみな動かなくなってしまうので、妊娠できるわけがありません。

 

これではいくら妊活を頑張ってみてもすべての努力が水の泡になります。

 

(旦那さまの精子も異常なしというのが条件です)

 

 

その他にも子どもができないさまざまな障害があります。

 

  • 排卵障害
  • 卵管障害
  • 子宮内膜症
  • 着床障害
  • 子宮頸管因子
  • 性交障害
  • 不育症

 

女性に関する妊娠できない原因の多くはこんな感じですが、まずは、自分の体は妊娠できる体なのかどうかを病院でチェックしてもらって問題なしと診断されてから本当の妊活がスタートするのです。

 
 

妊娠できない理由は大きくわけると4つ

管理人はやや遅めの35歳で妊活生活をスタートさせました。(病院で検査済み)

 

子宮内膜症ではあったものの、妊娠できないレベルではないと診断されましたが、なかなか妊娠できませんでした。

 

そこで、さまざまな書籍を読みあさり、医師の話も聞いて、少しでも妊娠に良いと思ったことはすべて実践してきたつもりです。

 

 

 

管理人は・・・
以下で紹介する4つのすべてに当てはまっているという妊娠不適格女子でした。

 

妊活でもう当たり前になっている事ができていなかったわけです。

 

しかし、妊娠力が下がるポイントを見つけては改善していくことを繰り返していく中で、人工授精にはなってしまいましたが晴れて子どもを持つママになる事ができたんです!

 
 

@ 一番重要なのが卵子の老化です。
一般的には34歳くらいまでの卵子さんはギリギリセーフなんですが、35歳を過ぎた卵子さんは一気に受精率が落ちています。

 

(個人差はありますが・・・平均するとそれくらいになります)

 

現代の医学では卵子を若返らすのは難しく、卵子の質をこれ以上悪くならないようにさせる努力が必要です。

 

 

A やせすぎているか、太り過ぎている
意外と思うかも知れませんんが、最も妊娠しやすい体型は「ぽっちゃり型」なんです。

 

実は、妊娠に適している体重というのも、重要な要素のひとつだそうで、太り過ぎより痩せすぎの方が4倍も妊娠しにくいというデータがあります。

 

医師によると最近は痩せている女性がかなり多いそうで、管理人が初めて産婦人科へ行った時も、まずは「もう少し太ってからもう一度来院して下さい」と言われたほどです。

 

(当時は155cm 42〜43キロくらいで痩せてました )

 

 

 

痩せすぎ・太り過ぎは妊娠に不利
日本ではスリムな美容体形がカッコイイとか、あこがれになっていますが、モデル体形では妊娠力が落ちると言われております。

 

 

太り過ぎの方も たった7.5%ダイエットしただけで、妊娠できたという例もあり、体重って結構大事なんです。

 

 

ちなみに管理人の最も妊娠しやすい妊娠体重は52キロでした。(10キロも足りてません)

 

 

  • ゆえに痩せすぎの女性は太る努力を
  • 太り過ぎの女性はダイエットを

 

 

具体的に私の身長なら何キロくらいが妊娠体重なのかを詳しくご紹介しています。

 

 

 

身長別の妊娠体重を知りたい方はこちら

 

 
 

B 体温が低い

 

ん? 体温?
妊活にはちょっと無関係なキーワードのように思われますが、そうではありません。

 

一般的に体温が下がると免疫力が落ちますし、代謝も悪くなるので、病気をしやすくなったり、太りやすくなります。

 

体温が低い人は血流の悪い人が多いです。

 

血流が悪いと、卵巣周りの血流も悪いので、卵子にも影響があるわけです。

 

実際に管理人も体温は低め(36.1℃前後)だったのですが、理想は36.5〜36.8℃なんですね。

 

体温を上げるための外部対策も工夫しましたし、内部対策も頑張りました。

 

その努力の結果、36.3〜36.4℃くらいまで平熱が上がり、体調もよくなりました。

 

 

管理人が実践してきた 冷え対策体温を上げる方法を参考にしてみて下さい。

 

 

C 女性ホルモンバランスが崩れている
なかなか赤ちゃんができない理由のひとつとして女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因です。

 

女性ホルモンには月経リズムを整える働きがありますが、ホルモンのバランスが崩れると、排卵・受精・着床までの妊娠に関するすべてのことが不安定になります。

 

不妊治療をするにも月経のリズムが不安定ですとタイミング法の性交日を決めることも難しくなるわけです。

 
 

どうでしょうか?

 

管理人はすべてやりました。

 

  • 卵子の質を上げる努力
  • 妊娠に適した体重・体型
  • 妊娠に適した体温

 

 

卵子によいとされる食事や、卵子の質を上げるサプリメントも摂りました。

 

体重のコントロールも妊娠体重は52キロだったんですが、さすがに10キロも増やすことはできませんでしたが、42キロから頑張って47キロまで5キロ太りました。

 

また、運動・体質改善によって体温も少しですが、改善しました。

 

このような努力が実を結んだのかどうかはわかりませんが、自然妊娠は無理でしたが、人工授精で妊娠することができたのです!

 

妊娠を希望しているあなたも頑張って下さい!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加