妊娠可能 年齢

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

動物の中で考えると人間の妊娠率ってかなり低いのです…。

 

動物によってそれぞれ妊娠率が違いますが、ネズミやうさぎの妊娠率は約90%以上なので交尾すればほとんどの個体が高確率で妊娠します。

 

 

 

でも、人間の場合は1回のセックスで妊娠する確率は約20%と動物の中でもかなり低い部類に入ります。

 

特に34歳を超えるとさらに妊娠確率がダウンし、35歳では約18%40歳では約5%45歳では約1%にまで下落してしまいます。

 

また、人工授精、体外受精のように優秀な精子・優秀な卵子を選んでトライした場合でも2〜3回で妊娠したらそれはとてもラッキーなことなのです。

 

よって、避妊をやめたからと言ってすぐに妊娠できるわけではないのです。

 

 

"人間は元々妊娠しにくい動物" という事を覚えておきましょう。

 

 

 

 

実際のデータ
避妊をせずに自然に任せている夫婦の場合、約90%前後が2年以内に妊娠するというデータがあります。(年齢差があります)

 

逆算すると、残りの10%は2年以上たっても妊娠していないという事になります。

 

いろいろ試してみて、2年以上たっても妊娠できないという場合は、病院に行くことをおすすめします。

 

妊娠できるのは何歳まで?

 

私、結婚三年目の主婦、41歳。晩婚だったため、子供はすぐにでも欲しいと思っていました。生理痛が少しきつめだったけれど、特に健康に気になることもなかったので、医者にはかからずに自然に任せていました。

 

けれど、なかなか妊娠しない!! 40歳を過ぎたころからだんだんあせりはじめてきて、専門書を読みあさり、婦人科へも行ってみました。それで私は子宮内膜症と言うことがわかりました!よく不妊の原因になっていますよね。

 

何人も子宮内膜症の友人が出産しているのを知っていましたし、あまり落胆もしなかったです。医者曰く、出産が一番の治療になるということでしたので、治療もしつつ、妊活をはじめることにしました。

 

 

卵子の老化は妊娠力低下につながる

私がまず気になったのが妊娠可能な年齢です。こればかりは個人差があるので何とも言えないですが、精子は日々新しく作られるのに対し、卵子は胎児のころに決まった量が作られ、その後増えることはないそうです。

 

排卵が近づくといくつかが目覚めて成長し、その中で最も育ったものから排卵されます。年齢を重ねるにつれ卵子は老化していくので、受精が困難になってくるというわけです。卵子が若いに越したことはないということですね。

 

一般的に、卵子は35歳くらいから老化が見られはじめて、38歳くらいから急激に進んで行くと言われています。加齢が妊娠力を低下させることは否めませんが、40代でも卵子が若い人もいれば、30代前半でも老化している人もいるので、一概にひとくくりにはできません。

 

 

 

 

年齢による妊娠率

 

30代後半になると女性の体は変化を始めるということを理解して、妊活を急いだほうがよさそうですね。最近では妊娠を希望して性生活をしていても1年以内に妊娠できない場合は、早く病院へ行ったほうがよいとされています。

 

 

1年以内に自然妊娠できる確率

 

年齢(歳)

妊娠率

20~24

88%

25~29

79%

30~34

62%

35~39

52%

40~44

35%

45~49

7%

50~

1%

 

 

 

ちなみに、日本人が100歳まで生存できる割合は約3%です。
そう考えると、50歳からの妊娠の割合が約1%と言うのはかなり低いと感じますね??


 

 

このように、妊娠率は目に見えて低下してしまいますよね・・・。

 

 

妊娠可能年齢って結局何歳なの?

妊娠可能年齢と言っても二通りあります。

 

「妊娠可能年齢」と「自然妊娠可能年齢」のふたつで、微妙に限界年齢が違います。

 

不妊治療(体外受精・顕微授精)をして、自分の卵子と子宮を使って赤ちゃんを産む限界はおよそ43歳と言われています。

 

また、自然妊娠に限定すると41歳くらいと言われていて、特定不妊治療をすると限界が2歳ほど伸びています。

 

45歳の女性では100%妊娠できないというわけではありませんが、妊娠の可能性は約1%、流産の確率は約50%まで跳ね上がりますので、実質的には妊娠→出産までとなると0.5%となり、結局200人にひとりの割合となり、一般的な限界値とは言えないと思います。

 

 

 

病院へ行こう!

 

30代半ばくらいの女性が赤ちゃんが欲しいと思ったら、長期間様子を見ずにすぐに病院へかかったほうが効率的でしょう。不妊治療が始まるとしても、原因究明に時間がかかり、時間との勝負になりますので、早めに病院へ行くことをぜひ

 

おすすめします。あまり深刻に考えず、健康診断を受けるような気持ちでよいのではないでしょうか?

 

関連ページ:40歳・40代の妊娠確率

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加